年々増加している花粉症

花粉症は1998年~2008年まで比較した際にスギ花粉症の増加が特に目立っており、約1.5倍程の増加となっています。そんな花粉症への有効な対策は一体どのようなものが有効なのでしょうか?このサイトでご紹介したいと思います。

増加しているスギ花粉症患者

花粉症は、花粉が大量に待機中に飛散したり、それが呼吸によって吸い込まれる事が発症原因です。
この症状には、地域差があるので、花粉が舞い難い地域では発症し難い事が花粉症の特徴です。
しかし、逆に花粉が集中し易いエリアでは、花粉症を発症するリスクは急激に高まります。
リスクが上昇した結果、花粉症の患者は増えていますし、中でもスギ花粉の患者は特に増加率が高めです。
花粉症の発症リスクが高く、スギ花粉の発症率が高い地域は、関東を始めとして近畿や東海が中心になります。
北海道や沖縄は、スギ花粉の量が比較的低い地域なので、スギ花粉症の患者数は少ないエリアです。
スギ花粉の症状は、花粉症の代表的なくしゃみや鼻詰まり、鼻水といった問題があります。
また、目の痒みも引き起こされるので、4大症状が患者を苦しめる事になります。
更に、スギ花粉は肌の痒みに加えて、喘息や気管支炎といった喉の症状が発症します。
そこから頭痛や発熱に発展するので、重症化すると健康被害が広がる花粉症といえます。
スギ花粉の患者は、ヒノキ花粉と併発している場合があるので、長期化し易い事が症状の特徴になります。
近年は、少量の花粉が発症原因になるので、飛散量が少ないからと安心出来ない事が注意点です。
他の花粉に対しては、急に重症化するリスクは少ない方なので、命を危険に晒さない点は安心です。
ただ、毎年症状の原因が発生したり、長引く原因がある花粉なので、生活の質を下げてしまう問題があります。
早期治療は、症状の軽減に役立ちますし、環境を清潔で綺麗に保つ事も改善に役立つ方法です。
屋外を出歩く時は、風向きや通る道に注意を行い、マスク等で吸い込む空気を綺麗にする事が有効です。
室内では、帰宅時の上着のお手入れ、定期的な清掃、空気清浄機の設置が症状軽減に役立ちます。

花粉症のタイプ

花粉症には二つのタイプがあります。
寒タイプというものと熱タイプというもので、花粉症になってしまったのであればどちらのタイプなのかを見極める必要があります。
熱タイプは鼻づまり後酷かったり、熱っぽい感じであったりするのが熱タイプで、寒タイプのものは鼻水が水滴のようにサラサラして流れ出す、涙が止まらないという症状です。
温和させるのにどちらのタイプかということを知っておくと、お薬をもらうのでも説明がしやすいですので、そういう判断をするということも大切です。
タイプの違いにより、対処法は変わってきます。
食べるものも違ってきますので、気をつけて対処していかなければ逆効果だったりしてしまう可能性もありますので、充分に気をつけていきたいところです。
花粉対策については、なるべく花粉を寄せ付けない努力をしていかなければ、さらに悪化してしまいますので、そのようにタイプの違いを知った上でも、充分注意を払って花粉対策していく必要があります。
水分調整をすることにより、花粉の症状を和らぐことができますので、寒タイプの人は冷えている証拠でもあり、なるべく体を温めるということが先決ですので、温かいお湯などを飲むようにしましょう。
熱タイプの人は、入浴の際にものぼせないように気を配りながら、気をつけていきたいものです。
花粉症は、一度なってしまうと毎年くるということですので、毎年同じタイプだということは限りませんので、毎年そういうことを見極めながら、上手く花粉症と付き合うことができたら、嬉しいですよね。
お薬をもらって、楽になるという方法が一番良い方法ですが、お薬が嫌という人は対処法を自分なりに探すということも良いかもしれませんね。

花粉症意識調査

一昔前まではくしゃみ、鼻水が出れば「風邪?」と言われていましたが、現在では桜の咲くころにくしゃみをすれば「花粉症じゃない?」と周りから言われるほど知名度の高い花粉症は多くの日本国民を悩ませる病になっています。
以前は花粉症と言えば、スギが原因で発症すると思われていましたが、アレルゲンの研究や医学の進歩により様々な植物の花粉で発症することがわかり、季節も春だけでなく個々の植物の開花に合わせて花粉症になることがわかってきました。
症状もくしゃみ鼻水以外に目のかゆみ、咳、喉の違和感、湿疹、体の倦怠感など多くの症状に悩ませられます。
花粉症を発症した人は翌年から花粉の季節になると病院で予防や症状を緩和するための薬を処方してもらい、帽子、メガネ、マスク着用で予防対策を行い花粉に備えます。
花粉症患者の最も多いスギ花粉の季節はスーパーやドラッグストアで対策コーナーが設けられ、色々なグッズが紹介され販売しています。
耳鼻咽喉科は患者で溢れ、多くの人たちで埋め尽くされます。
テレビや新聞、雑誌では花粉症の特集が組まれ、症状の緩和策や対策方法、花粉の飛散予報などのあらゆる情報が提供されています。
症状も個人によって様々で、軽い人もいれば仕事も勉強も手につかない、寝込んでしまう人もいるなど個人差があったり、近年は3才前後の幼児も発症する例が増えてきているなど、すぐに命にかかわる病ではないけれど物事に集中できなくなるので色々なシーンで支障が出てくる可能性が懸念されています。
症状を緩和する薬は毎年効能が良い物が発売されていますが、最近は花粉アレルギーの症状が出なくなる新薬の研究が注目され、患者の誰もがアレルギーに打勝てる薬が早急に出来ることを待ち望んでいます。